間違ってpushしちゃったコミットを取り消す

コミットを取り消す

下記のコマンドでローカルにおける直近のコミットを取り消す。なお、Windows環境下でHEAD^にダブルクォーテーションを付けないと、「More?」と聞かれる。これは^をプロンプトとして解釈しちゃってるため。Mac環境下ではとくに必要ないはず。

git reset --hard "HEAD^"  

ちなみに、上記のコマンドでresetできるのは直近のコミットのみなので注意。

取り消したら改めてpush

resetしたら、その内容でpushする。その際対象のブランチに+を付けて強制的にpushする。

git push origin +master