ログ一覧

shapの利用についてメモ

インストール conda install -c conda-forge shap 場合によっては、tqdmのアップデートが必要になるらしい。現状の環境におけるtqdmのバージョンを確認しておく。 >conda li...

Pythonを使って音声データからスペクトログラムを作成するメモ

https://own-search-and-study.xyz/2017/10/27/python%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e9%9f%b3%e5%a3%b0%e3%83%87%e3%...

SHAP値についてメモ

概要 SHAP値は機械学習モデルで予測した値に対し、「それぞれの特徴量が予測結果にどんな影響を与えたか」を算出する。これにより、ある特徴量の値の増減が与える影響を可視化でき、学習モデルの理解の一助となる。 Pythonだとライ...

Phaserで四角を描画するクラス

コード class GameScene extends Phaser.Scene { constructor () { super('GameScene'); }...

Phaserの超基本的なテンプレート

ただオブジェクトを作って実行するだけのテンプレート クラスでシーンを作って、ゲームオブジェクトを作ってスタートするだけの、中身がなんにもないテンプレートを作っておく。 シーンを追加する場合は、今あるシーンのクラスをコピーして新...

matplotlibでグラフをファイル出力するメモ

概要 matplotlibで作成したグラフはファイル出力できる。ちなみに、seabornで出力したグラフでも、同様に保存できる。 コード plt.savefig('./png/hoge.png') 参考 matplo...

散布図にカラーマップを指定しデータの値に応じて着色する方法のメモ

概要 散布図のプロット1つ1つに色の濃淡を付与し、値の多少を表現するカラーマップを使う方法。たとえば、カラーマップで表現したいデータ項目を件数とすれば、多いものを濃く少ないものを薄くしたりできる。 コード def color...

Phaserで値をRegistryを使ってシーン間で共有するメモ

概要 スコアなど、シーン間で共有したい値がある場合はRegistryを使う。 コード class GameScene extends Phaser.Scene { constructor () ...

matplotlibの散布図に回帰線を一緒に表示するメモ

概要 散布図に回帰線を表示する機能はseabornのregplotやlmplotを利用すればいい。こいつたちは、回帰線を勝手に計算して表示してくれる。 ただ、これらはプロットの形は変えられる(丸にしたり三角にしたりバツにしたり...

matplotlibで楽に日本語を利用する方法をメモ

概要 matplotlibによるグラフ作成の際に、日本語による表示を(ラベルなどに)行うことはできず、文字化けしてしまう。そこで、日本語を利用したい場合に一番簡単な方法を記述する。 コード import matplotlib...

Pythonでリストを逆順にする方法をメモ

概要 Pythonのリストを逆順にする方法はいろいろある。が、一番単純で案外使い勝手がいい方法をメインに記述する。 組み込み関数を利用する方法もあるのだが、破壊的変更を行ったりするし、戻り値がリストでなかったりで案外面倒くさい...

JavaScriptのアロー関数でオブジェクトを返す方法のメモ

概要 アロー関数を使ってオブジェクトを返したい場合で、アローの先がオブジェクトリテラルだけのときは、普段の書き方とはちょっと異なる記述をする必要がある。 コード // これだとダメ const foo = [1, 2,...

PhaserのゲームをiOS端末でフルスクリーンの場合ツールバー非表示にするメモ

コード HTMLファイルに下記のmetaタグを記述しておく。 <meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes"> 参考 syon/wiki

JavaScriptの論理演算子はビット演算子とは異なるメモ

概要 if文などでは複数の条件を接続して記述する場合、andやorあたりを使って記述する。この際、JavaScriptだとandの条件は&&で記述し、orは||で記述する。 ただ、記述をミスって&とか|...

JavaScriptの変数宣言の有無による挙動の変化についてメモ

概要 JavaScriptを記述する中で、変数にオブジェクトを格納してから処理を実行するパターンと、オブジェクトをそのまま指定しつつ実行するパターンで挙動が異なる。 コード let config = { wid...